info from Paris パリで考えるブログ

大阪出身パリ在住10年フルタイムワーキングマザーの日常生活と頭の中

Bernardaud プライベートセールに行ってみた

 

知人からとある食器ブランドのプライベートセールにお誘いいただき、参加してきました。実はわたし、去年もこのブランドのプライベートセールにお誘いいただき、参加させていただいたので、2年連続での参加です。

 

わたしは日本人でもそれほどブランド好きではない部類に入ると自覚しているのですが、それでも、「フランスのブランドのプライベートセール」と言われると、なんだかウキウキ。どんなものがあるのかしら、と、当日わくわくして出かけました。

 

 

さてさて、ブランドはこちら

「Bernardaud」ベルナルド
www.bernardaud.com

  

 

フランスの質の良い食器ブランドで、はっきり言ってわたしには、セールでなければ手が出ないブランドです。

 

仕事関係でこちらのブランドの方と連絡先を交換する機会があり、その後、連絡をいただくようになりました。

毎回、新しいコレクションが発表されたり、今回のようなプライベートセールのご連絡をいただく機会に恵まれています。

 

 

 

 

…で、満を持しての参加。

パリ8区のテアトルthéâtre の一室が、毎年11月中旬、3日間限定のプライベートセール会場。

2週間ほど前にメールで日時と場所の連絡がありましたが、当日、会場には表示は一切なし。立て看板でも立てれば立ち寄る人もいると思うのですが。

入り口で本人確認などはなく、基本的に入退場自由です。

 

 

セール会場の様子

f:id:infofromparis:20191116051439j:plain

 

こんな感じで、雑多に並べられています…が、やはり一流のブランド。

セール価格でも単価が高い!

カフェ用の小さいカップとお皿のセットで、50EUR弱。

4セット揃えると200EURですね…

 

ぱっと見、普通のマグカップでも、持ち手が絶妙に細く設計されていてとても持ちやすかったり、一見シンプルなお皿でも、うすーくベージュで模様が入っていたり。

おしゃれ〜

 

 

f:id:infofromparis:20191116051806j:plain

 

 

 

ささやかな注意点 

二度目の参加で発見してしまったことは、やはりこのプライベートセールは「在庫整理」であるということ。ホームページに掲載されているような商品はなく、超ベーシックなコレクションと、奇抜なデザインのコレクションのみ。

 

 注意すべきは、在庫処分のセールであっても、「セール用の商品」があること。今回の場合は、お皿やカップの裏にロゴが入っていないものもあり、まさしく「セール用の商品」として売られていました(もちろん価格も他の商品に比べると安い)。

 

 

 ご参考までに…

在仏日本人ぽい方が、ベビーカーで連れ立って来られていましたので、日本人にとってもそれほど敷居は高くないです。

あと、印象的だったのは、前菜用、メイン用、スープ用、デザート用…と、テーブルセット一式をカートいっぱいに買っているマダム。興味津々で見ていたら、その後会場前に車をつけて一式を優雅に持って帰られていました。

確かに、こういう機会に一式を揃えるのは賢いですね。うちもいつか…

 

 

これ綺麗!と思って手に取ったお皿。

f:id:infofromparis:20191116051819j:plain

 

なんと価格450EURなり。同じ模様で、丸いお皿やボウル、ティーセットもあったけどどれも500EUR前後。もともと高いものはセールでも高い。割れたらショックで寝込みそう。

 

和風な柄のもありました。馬に乗った男の子…?

f:id:infofromparis:20191116051615j:plain

 


フランスでのプライベートセールに行く方法

ブランドのプライベートセールのお誘いをゲットするには、恐らく日本と同じように

1/ そのブランドを定期的に購入している顧客

2/(今回のわたしのように)そのブランドの従業員と知り合い

の2つの方法が主流のようです。

 

 

わたしがここ数年唯一セールに行く、子ども服ブランドのプチバトーPetit Bateauでは、上記の1/ の方法でプライベートセールに行くようになりました。

プチバトーのように店舗数が多く、大衆的なお店だと、プライベートセールだと知らずにお店に行っても、優しい店員さんだとその場で会員登録してくれて、当日お買い上げの価格がセール価格にできたり、という裏ワザも。

(そういうお客さんを横目で何度もみました!)

 

そしてプチバトーの場合、プライベートセールといっても、本来のセールの一週間前にセール価格で買える、というもので、セール後、自分が買ったものがさらに割引されていたりするので、それほど焦って行くものでもなさげです。あえてメリットをあげるなら、空いてて見やすいぐらい。

 

 

 

 

エルメスHERMES は、風のうわさで、完全別会場で、しかし商品にはセール商品の「S」のマークがつけられているらしい、

ディオールDIOR、シャネルCHANEL路面店でもセールやってるんでしょうか。シャンゼリゼChamps-Élysées にセール初日に行列を見たことがありますが、高級ブランドは、セールの人混みの中で買うと雰囲気が崩れるので、セール自体をしていないところが増えてきているような気がします。

 

 

まとめると…

  • Bernardaud プライベートセールは基本的に在庫処分ぽい(去年買ったお皿が今年も売られていてショック)→ でも新しいコレクションもあるよ
  • 贈答用包装はしてくれないから、箱入りの商品が欲しければ箱入りで展示されているものを選ぶべし
  • 箱入りのを選ばなければ、新聞紙でくるくる巻いて終わり
  • 食器を揃えようと思うと、それなりに予算と決心が必要!

 

 

ではでは、今日はここまで。

日本では聞いたことがなかった Bernardaud というブランドのプライベートセールに参加したお話でした。また耳寄り情報があればぜひシェアします!