info from Paris パリで考えるブログ

大阪出身パリ在住10年フルタイムワーキングマザーの日常生活と頭の中

フランスで免許 オートマからマニュアルへの切り替え

 

日本の運転免許書を取得して10年近く経ってから、フランスにやってきました。

 

 

当時(今も?)フランスに入国して1年以内に手続きをすれば、教習所の座学講習やテストなしで、日本の免許証がそのままフランスの免許証に書き換えられると言う手続きがあり、私もいそいそと手続きを行いました。

 

※2020年3月現在は、全てオンラインで行えるそう。便利! ↓

www.fr.emb-japan.go.jp

 

子どもが生まれ、久しぶりに車を運転してみようと思いレンタカーを調べてみると、オートマの車よりもはるかにマニュアルの車が浸透していることに気がつき!

 

マニュアルの車だと車種やサイズが豊富なのに対し、オートマの車種は、ほぼ皆無。値段も3割ほど高く、思い切って免許をマニュアルに切り替える決心をしました。

 

とはいえ、私の場合はすでに日本フランスの免許の書き換えが終わっているため、フランスで有効なオートマ免許は所持しており、こういうケースってどうなるのかしら…と、調べたところ…

ありましたありました。抜け穴が!笑

 

2017年から新設された、オートマの免許証を、マニュアルの免許上にアップグレードするという手続き!

 

※2020年3月現在も同じ手続きのようです。当局指定の自動車教習所で行えます ↓

www.securite-routiere.gouv.fr

 

 

まずは自宅に1番近い自動車教習所に行ってこの手続きをしたいと申し出ると、なんとあっさり。

「実技の教習を数時間受講し、複数の教官が承認すれば切り替えられる」と、比較的簡単な手続きであることがわかり、文字どおり小躍り。

 

 

運転歴を伝えると、受講時間は合計10時間でいけるでしょう、というのでとりあえず10時間の予約をしてその日は帰りました。

(手続き的には、最低でも7時間の講習が必須らしい)

 

 

さいわい育児休暇中であったため、シッターさんに都度、1時間半見てもらって、週2ペースで教習所に通うこと約2ヶ月。

無事にマニュアルの免許書を取得しました。

 

 

これからこの手続きを行われる方の参考として、良かったこと、悪かったことを残しておきます。

 

f:id:infofromparis:20210216054536j:plain

 

 

◎良かったこと

 

大前提として、マニュアル車の運転ができたことはもとより、なんといっても筆記試験の免除に助けられました。筆記試験が免除されなければきっと諦めていた…

 

フランス語でバックミラー、サイドミラー、エンジンブレーキ、ウインカー、その他クルマ用語をつらつらと言われてもなかなか頭に入らず(当時、子どもの夜泣き期間でひどい寝不足だったこともあり)、筆記試験が免除されたのは大変ありがたかったです。

 

講習終了後、免許切り替えの事務手続きを、教習所の事務局が行ってくれたことも良かったです。

 

 

 

 

◎悪かったこと

 

当初10時間でいいでしょう〜といわれていた講習時間が、最終日にいきなり5時間追加になったこと。

これはわたしにも非があるのですが、フランスの交差点  Rond Point の回り方のルールを知らないんですよね…と最後の講習時に言ったところ、

それではいけない!と教習所の先生に指摘され泣く泣く5時間追加、合計15時間の講習になりました。

予想外の出費。

でも、この時にちゃんと習ったおかげで、今は怖がらず交差点も通れるので、いたしかたなし。

 

 

 

◎番外編◎ 面白かったこと

 

自動車教習所という施設は、どうやら日本でもフランスでも10代後半の人口がとても多く、私のように社会人になってから通っている人は少数派。

 

何人か教習所で見た同年齢の人は、「自動自動車の免許証は持っているけれどもバイクの免許を取りにきた」人や、「アメリカで免許を取得したけど、フランスに戻ってきた時に免許の切り替えができず、改めてフランスで免許の取得が必要になった」人など、少数でした。

 

こういった背景から、教習所の教官たちも若者に慣れており、全くの普段着(ジーンズとConverse)で行った私はなんと大学生に間違われ、ずっとタメ口 Tutoyer!

 

で、教習の合間、信号待ちの時に、

「大学生?何の勉強してるの?」と質問され、

「社会人です〜。日本で免許を取ってから10年近く経ってるから、フランスでもう一回ちゃんと運転を習おうと思って」

「…え!…てことは、もしかしてもう30歳くらい?アジア人やしもっと若く見える!」

「ハハハ、いま二人目の子どもの育休中で時間あるから笑」

「…え(二度目のびっくり)!しかも出産もしてんの?もっと若いと思ってた!」

というやりとりが。

最後は丁寧な言葉遣い vousvoyer になったのが面白かったです。

 

 

 

今日はここまで。

当初は、免許証の切り替えができるなんて知らなかったのですが、探せば手続きがあることが学べた良い機会でした。

 

 

さて、いまは晴れて、マニュアル車オートマ車も運転することができるのですが、渋滞が多いパリ市内をマニュアル車で運転するのは不安で、可能な限りオートマチックの車を選んでいます。

もっぱらシェアリングエコノミーのレンタカーです 

www.infofromparis.com

 

 

 

この記事が、フランスで、以前の私のように、オートマの免許証をマニュアルに切り替える手続きをしようかな〜と思っている人のお役に立てれば幸いです。

 

 

またいつも☆をつけてくださる読者の皆さま、ありがとうございます!最初は自分の思っていることを、ただ単に記録するのでもいいや…と思っていたのですが、やっぱり読んでくださる方がいると思うと、励みになります