info from Paris パリで考えるブログ

パリ在住10年フルタイムワーキングマザーの日常生活と頭の中

2020 夏休みまとめと、新学期

シェアリングエコノミーを使い倒し、7月は週末旅行で、ナントNantes に行き、
8月は2週間がっつり、スイスとの国境の、レマン湖のほとりの街に滞在してきました。

 

どちらもシェアリングエコノミーのレンタカーサービスDrivyと、宿泊場所もAirbnbを利用。

 

シェアリングエコノミーについての詳細はこちら ↓

www.infofromparis.com

 



レマン湖までは車で片道6時間の長旅だったので、3回休憩をはさんで到着。

レンタカーも念のため、走行距離確認のために、写真を撮ったりしていました。

f:id:infofromparis:20200903225518j:plain






毎日ごはん作りがありましたが、それでも、仕事のメール読まなきゃ、とか、電話かかってくるかも、と思案することがないだけで、かなり心理的に休まりました。

 

読みたかった本を読んだり、子どもたちとしっかりふれあい、大充実。

 

 


レマン湖にはフランスとスイスを往来するフェリーが何本も走っていて、
この船にのるだけで別の国に行けるのね~、と、ロマンチックに考えていました。

 

フランスとスイスは最短距離で20分、最長は3時間ほどで、毎日往来があります。

ただ、どれも割と値段が高く、また微妙に時間帯が合わなかったりで、二週間の滞在のうち、結局一度しか乗らずでしたが、「船から降りたらそこは異国!」に感激。

f:id:infofromparis:20200903225339j:plain




湖なので、水浴びしてもべたつかないことを、身をもって学び(当たり前ですが)。
遠くにアルプス山脈が見えて、子どもがもう少し大きくなったら、アルプス山脈のお足元、シャモニー Chamonixまで絶対に行く!と決意。
シャモニー Chamonix までは車で1時間半ほどでしたが、5歳以下の子どもは、高山病のおそれからロープウエイや登山列車に乗れないことを知り、無念の断念)

f:id:infofromparis:20200903225327j:plain
パリの都会の街並みも美しいけれど、やっぱり自然はいいなあ、と実感した旅でした。

 

---


さて、リフレッシュしたあとは、新学期。

 

 

今週から新学期が始まり、
我が家の下の子も、フランスでは義務教育の幼稚園école maternelleへ入学しました。

上の子が既に2年間お世話になっている幼稚園なので、勝手がわかっており、超スムーズに登園。

 


上の子と下の子が同じ幼稚園で何がラクかというと、なんといっても送り迎え!
これまでも、保育園と幼稚園の場所は徒歩5分くらいで決して遠くはなかったのですが、 一か所で二人まとめて送り迎えできるのはめちゃラクです。



新学期の手続きいろいろは、在宅勤務のちょっとしたスキマ時間に準備をしました。

毎年、新学期直前にバタバタと準備していた証明写真の準備もばっちり 〇

給食→区役所で登録
学童その1→幼稚園
学童その2→パリ市のサイトでアカウントを作って登録
と、目的によって登録が異なることも、3回目になるとばっちりです 〇

f:id:infofromparis:20200903225350j:plain



初日には、大量の手書き書類の山をもらってきました。

が、こちらも、上の子と下の子の分、記載する内容は同じなので、
パソコンでコピペしたい気持ちをおさえつつ、淡々と手書きして提出。



コロナウイルス対策で、保護者は幼稚園に入れなかったり、
先生もアシスタントさんもみんな常時マスクなので、実は本当の顔を知らなかったり、ということはありますが、 子どもたちはマスクなしでのびのびやっています
(フランスでは11歳以上のみ、マスク着用です。今朝ラジオで言ってましたが、スペインではなんと、6歳以上!らしい)



子どもが大きくなるにつれて、フランスの9月が新年度!という雰囲気にも慣れてきました。
新しいクラス、新しい学校、新しい習い事… みんな9月スタートです。



今日はここまで
みなさんも、夏休み明け、9月からよいスタートを切られていますように。