フランスで考えるブログ

大阪出身フランス在住11年フルタイムワーキングマザーの日常生活と頭の中

日本人が フランスUNIQLOオンラインストアで買い物するときのコツ!

 
 
フランス在住10年にして、ここ最近、これでもか!というほど、UNIQLOを溺愛しています。
 
 
渡仏前は、「日本にはないフランスのブランドを愛用し、素敵に着こなすぞ!」なんて思っていましたが、いざ住んでみると、思ったより自分の体型に合うものがない!
 
 
まずボトムス...特にジーンズをはじめとするパンツ類は、フランスサイズでは丈が長すぎて買う気になりません。
日本ではよく、裾のお直し即日サービスがついてはいますが、こちらでは大衆的なお店ではそのようなサービスはあまりなく、あっても引き取りは1週間かかったり。
購入後、街角にあるちょっとしたお直し屋さんに持っていって直してもらう必要があります。
 
比較的手が出しやすいトップスは、これまた手の長さが合いません。
サイズをXSにしてみても、デコルテが大きく開いているデザインも多く、ちょっと躊躇してしまう。。。
アジア人の中でも、わたしは骨太ではない、というか、平べったい体型なので、余計です。
 
 
 
で、行きついたのは、安定のUNIQLO
本当に、ここ数年、大変お世話になってます。
裾のお直し即日無料サービスに惹かれてお店に行ったことがきっかけでしたが、H&Mやザラの流行最先端でもなく、品質も良いので、すっかりUNIQLOの愛用者です。
自分の服はもちろん、子供服ももっぱらUNIQLO
 
 
日本のUNIQLOと比べると値段が割高なのが気になりますが無印良品MUJI ほどではなく、3900円→39.99EURと、まぁ許容範囲。 
(余談ですが、無印良品はなぜか日本語表記のシールが貼られていて、円表記がされているのです!日本語が読めない人が見るとそれほどショックではないのでしょうが、日本円表記で350円のところ、6.99EURだと知ると、やっぱり多少ためらうのです…)

f:id:infofromparis:20200922014553j:plain

 
 
 
そんな中、ここ最近編み出した「フランスUNIQLOオンラインストア」の利用テクニックを!
 
 
パリにはUNIQLO店舗が数件あるものの、たいてい混み合っていて、試着室も15分ほど待たなければなりません。
またジーンズのサイズなど、自分のお目当てが品切れしていて、ただ疲れて帰ってくるという経験があり、いっときはUNIQLOら足が遠のいていたところ、外出禁止期間中にUNIQLOオンラインストアを見ていて、とある発見!
 
 
何気なくフランスUNIQLOオンラインストアのコメントを見ていてふと気づいたのが、これは日本語で読んだ方が自分に近いコメントが見れるんじゃないか!?と言うこと
 
…で実際にやってみると、やはりその通り〜
我ながらアイデアすごい!執念!
 
そしてここ数ヶ月は、まず日本のUNIQLOオンラインストアで良さげなものの目星をつけ、フランスUNIQLOオンラインストアで確認後、購入しています。
 
ここで、すごーくありがたいのが、同じ写真を使ってくれていること!
商品の名前はある程度推測できるのですが、それでも微妙に違ったり、特にファッション用語は移り変わりが早いので、写真でぱっと見てわかるのが本当に助かります。
 
 
例えば、この秋新作のジーンズ、日本でとっても評価が高いもので、、、
(今、購入を検討中!)

f:id:infofromparis:20200919213330p:plain

 
フランスUNIQLOのオンラインサイトでも、やっぱり同じ写真が使われていて、ぱっと見るだけでわかる!

f:id:infofromparis:20200919213323p:plain

 
 
UNIQLO日本とUNIQLOフランスと、それぞれのオンラインストアのトップページは全く異なるのですが

f:id:infofromparis:20200919213347p:plain

f:id:infofromparis:20200919213337p:plain

 
 
レディース→ジーンズ と絞り込んでいけば、写真を見るだけで、同じ商品がどれか、すぐにわかります。
 
 
…でUNIQLOフランスのオンラインストアで購入しても、返品は提携のデリバリー取扱店に持っていけばOK、またUNIQLOのお店に持ち込んでも返品が可能!なので、めちゃ便利。
 
 
おもしろいもので、UNIQLOフランスでは散々な評価のものが、日本ではすごく高評価だったり、あるいはその逆だったりして、同じ商品でも国が異なればこれほど商品の評価が変わるのか〜と、関心。
例えばエアリズム商品は、フランスの気候に適していないので、それほど評価は高くありません。
 
 
わたしの場合は、やはり日本人なので、日本で評価の高いものを選ぶと、まあ大丈夫。
ただ一点だけ!
経験上、サイズ感は国で異なるようなので、ご注意ください。
UNIQLO日本のレビューで「ワンサイズ下を選ぶことをオススメ」とあったのでワンサイズ下を選んだところ、ワンサイズどころかツーサイズダウンしなければならなかった、、、ということがありました。
 
 
 
一般のユーザや消費者が、正直なレビューを書いて、それを見て購入を検討できるのは、本当に「集合知」の恩恵だなー、と思います。
海外在住者には本当に助かるシステム!
 
 
今年も新しい秋冬コレクションが出てきたので、こんな調子で、まずはUNIQLO日本のサイトでいろいろ情報を探しているところです。
 
 
今日はここまで。
むかーし、UNIQLOは2000年前後に一度フランスに進出し一度撤退していますが、その後2010年頃から「ライフウエア」で完全に市民権を得、フランス人にも浸透してきました。頑張れUNIQLO
海外で日本企業の商品を購入することを最初はためらってはいましたが、今となっては日本企業に貢献すると言う意味合いで、積極的に購入しています。
 
ちょっとした豆知識ですがこのような情報がお役に立てるとうれしいです。
/*========================  smartphone bottom menu  ========================*/ .mini-text{font-size:10px;}/*文字大きさ*/ ul.bottom-menu { position: fixed; left:0; bottom:0; width: 100%; height:45px;/*高さ*/ margin:0; padding:0; background-color:#f5f5f5;/*背景色*/ border-top:2px solid #808080;/*バーの上の線*/ border-bottom:2px solid #808080;/*バーの下の線*/ z-index:30;} ul.bottom-menu li { float:left; width:25%; background-color:#f5f5f5;/*背景色*/ list-style-type:none; text-align:center; font-size:25px;/*アイコンのサイズ*/} .bottom-menu li a { display: block; color:#808080;/*アイコン&文字の色*/ padding-top:10px; padding-bottom:5px; line-height:10px; text-decoration:none;} .bottom-menu li a:hover { color:#a9a9a9;/*マウスオーバー時の色*/} /* === 展開メニュー === */ ul.menu-second-level { visibility: hidden; opacity: 0; z-index:1;} ul.menu-second-level li a{ border-top:1px dashed #a9a9a9;/*展開の枠点線*/ font-size:15px;/*展開メニューの文字サイズ*/ line-height:30px;/*文字の縦幅*/} .menu-second-level li a:hover { height:100%; background: lightgrey;/*マウスオーバーの色*/} li.menu-width-max ul.menu-second-level { position: absolute; bottom: 47px;/*高さ*/ left: 0; box-sizing: border-box; width: 100%; padding:0;} li.menu-width-max:hover ul.menu-second-level { bottom: 47px;/*高さ*/ visibility: visible; opacity: 1;} li.menu-width-max ul.menu-second-level li { float: left; width: 100%; border: none;}